トップ > オンラインセミナーのご案内

オンラインセミナーのご案内

岩崎通信機株式会社共催

オンラインセミナーのご案内ウィズコロナ時代に求められる
変化への適応力
~コンタクトセンターの
クラウド導入と
在宅化の最新事例~

新型コロナウイルス感染拡大に伴いコンタクトセンター運営もニューノーマルへの対応を迫られています。第一波への対策の中で、「在宅で活用できる」「期間限定で運用できる」といったクラウドの“変化への対応のしやすさ“を実感された方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、ニューノーマルへの対応を想定し、プラットフォームのクラウド化のメリットやオンプレミスからの移行、在宅運用する場合のポイントについて、最新事例を含めてご紹介いたします。

好評につき受付を終了いたしました。
その他のお問い合わせは下記までよろしくお願いいたします。

https://connect.rakuten.co.jp/toiawase/connect-inquiry.html

対象

オンプレミスのコンタクトセンターを運用している方

在宅コンタクトセンターの必要性を感じている方

よりよいコンタクトセンターの構築・運用に興味がある方

日時

2020年10月22日(木)15:00-16:15

場所

オンラインセミナー

※参加方法については、申し込み後に別途ご案内します。
※同業の方は参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

1.「コロナ禍で分かったクラウドの優位性 ~脱オンプレミスに向けた課題と対策~」
ウィズコロナ時代に求められる、変化に柔軟に対応できるセンターとは何なのか? 本セッションでは、第一波への対応から見えてきた、クラウド化がもたらすメリットやオンプレミスとの比較、クラウド移行において情報収集しておくべきポイントについて、オンプレミス/クラウド両タイプの多数の導入・運営実績をもとにご紹介いたします。
2.「コンタクトセンター在宅化の課題と対策」
コンタクトセンターの在宅化が一気に進行しています。それでも様々な障壁があり、解決すべき課題に苦労されている方も多いのが現状のようです。楽天グループをはじめとする最新事例から、在宅運用する場合の課題と対策についてご紹介いたします。

講演者プロフィール(登壇順)

山下 雅生 様

岩崎通信機株式会社 営業本部第四営業部プリセールス担当 担当課長

国内で約20年間、SE・プロジェクトマネージャーとして、銀行、生保、損保、旅行業等のコールセンター構築に従事。現在はプリセールスとして、コールセンター領域における戦略立案、ソリューション提案、IT導入を担当。


串戸 洋一

楽天コミュニケーションズ株式会社 営業本部 コンタクトセンターソリューションビジネス部 担当課長

長年コンタクトセンター向けプログラム開発会社にて外資系CTI製品/クラウドサービスの導入やプログラム開発に携わる。現在、楽天コミュニケーションズ株式会社にて「楽天コネクト Storm」の顧客開発・導入支援を担当。

参加費

無料

お問い合わせはこちら

より良いブランドエクスペリエンスを提供するため、ビジネスを成長させるため、
最適なコンタクトセンターを構築するため、楽天コミュニケーションズに何ができるか是非ご相談ください

お電話でのお問い合わせ (通話料無料)[フリーボイス]0800-808-887010:00-17:00 (土日祭日・年末年始を除く)
資料請求・お問い合わせ
FAQ

© Rakuten Communications Corp.